モンゴルで電話・インターネット・wifiを使用する方法

モンゴルにいても日本と通信できる環境がほしい旅行者は多いだろう。

このページでは、モンゴル滞在中に日本及びモンゴル国内で電話連絡をする方法、インターネットwifiに接続する方法を紹介する。

docomo、au、softbank等日本の通信会社の回線をそのまま使う場合

難易度、低 金額、高

携帯・スマートフォンで設定すれば使用できるので簡単。だがそのまま使う場合は、電話料金・ネット接続料金が高額になりがちなので注意。

docomo

WORLD WING(月額使用料:無料)」の申込みと、渡航先のネットワークに応じた「WORLD WING対応機種」が必要。WORLD WINGは、通常、新規契約時に希望しない旨の
申出がない限り、みなし契約(申込不要)として自動適用されている。

モンゴルは「3G/GSM」エリアなので、「3G/GSM」エリア対応機種であれば、
音声通話やパケット通信などの対応サービスが利用できる。

料金

※海外で着信する際は、「着信料」がかかる。
※海外では、日本国内で無料となっている通信を含め、すべてのパケット通信にデータ量に応じたパケット通信料がかかる。

音声通話・パケット通信の1分あたり通信料(iphoneの場合)
発信 着信 SMS送信
モンゴル国内 80円 日本 380円 140円 100円

※事業者はmobicomとunitel
※2016年12月の値段

最新情報は、海外でつかうときの通話・通信料・サービスエリア検索を参照
https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/area/view.html?country=4280000&term=

docomoの海外パケホーダイサービス

海外パケ・ホーダイ
事前の申込み

不要
国内の「パケット定額サービス」「Xiデータ通信専用プラン」「FOMA定額データプラン」「パケットパック」のいずれか、および「WORLD WING」をご契約されている必要があります。

料金

0円~使った分だけ
上限額2,980円/日の2段階定額

ご利用料金をみる

ご利用の単位 日本時間0時~23時59分59秒
(渡航先の現地時間ではありません)
利用開始操作 不要
速度制限 なし
海外1dayパケ
事前の申込み 必要
料金

1,580円/24時間

ご利用料金をみる

ご利用の単位 渡航先で利用開始の操作をしてから24時間
24時間経過後、自動的にデータ通信が停止いたします。
利用開始操作

必要

ご利用方法

速度制限 30MB(30MBを超えると通信速度が遅くなります)

au

海外ダブル定額が自動的に適用される。
約24.4MBまでのデータ通信料が最大1,980円/日、どれだけ使っても最大2,980円/日でOK!
※世界データ定額はモンゴル対象外

音声通話・パケット通信の1分あたり通信料(iphoneの場合)
発信 着信 SMS送信 SMS受信 データ通信
モンゴル国内 80円 日本 380円 140円 100円 無料 1.6円/KB

softbank

レンタルwifiを使う場合

難易度、低  金額、中

日本でwifiをレンタルして現地で使う場合。家に送られてきたり、空港で受け取れたりと会社によって様々。

調べた中で一番安いのがグローバルwifi
1,270円/日 250MB

空港で受け取ったり返却の手間を考えると微妙な値段。もっと安いのが他にあるかもしれない。でも手っ取り早くネットを使いたいならあり。

現地でsimカードを購入して使用する場合

難易度、高 金額、低

SIMフリーのスマートフォンを持っているなら、現地でsimカードを購入してモンゴルの電話番号を取得すれば、ネットが安くできる。

日本への連絡は、LINEやfacebook等のアプリを使用すればネット接続料金だけで連絡できる。モンゴルの電話番号から日本の電話番号にかけてしまうと、料金が高くなってしまうが、事前に入金した金額が上限になるので安心。

モンゴルの通信キャリアは複数あって、MobiCom、Skytel、Unitel、G-Mobileが主なところ。
おすすめは、MobiComかUnitel。広範囲に繋がりやすい。小さな町ぐらいにはほとんど電波塔が建っている。
Skytelはモンゴル全土を大きくカバーしているが、回線速度がいつも遅いイメージ。値段も安い。
G-Mobileは専用の携帯電話が必要。電波は一番強いか。G-Mobileにはアプリもあって、wifiを使って固定電話に発信できた。日本からモンゴル人へ直接電話することもできたが、現在はアプリの更新が止まっていて、使えなくなってしまった。はやくアップデートを期待したい。

simカード取得時の注意

昨年UnitelでSIMを購入した時は、旅行者では購入することができなかった。なので一緒に付いてきてくれた現地の友達の名義で取得。店はいつも混んでいるので、結構待たされることがある。時間には余裕をもって発行しに行こう。

料金

よく変わるので大体の値段を記載する。
通話料は1分5円ぐらい。インターネットは2Gを一ヶ月で1,000円ぐらい。ウランバートル市内は4Gが通っていて、写真をfacebookにアップするのも一瞬でできる。郊外にでても意外とはやい。
ただ、田舎の町にいくと結構遅くなって、写真とかは見れなくなる。メールぐらいが使えればいいイメージで。

日本の電話番号に安く連絡したい

050からはじまる番号を取得すれば、ネット回線を使用して日本の携帯電話や固定電話に連絡をすることができる。料金もネット接続代金を除けば日本国内の電話料金と変わらない。

設定がやや難しいことがあるので、事前に日本で加入しておくのが良い。月額費用はかからず、使用した電話代金だけ請求される場合が多いので、もしものときのために使えるようにしておこう。

僕はこれを使っている。
FUSION IP-Phone SMART

090番号や無料通話アプリとどこが違う?SMARTalk電話サービス料金比較。
30秒8円。
インターネットのあるカフェやホテルのwifiで電話するのが良い。回線速度が遅いと聞き取れないこともある。

050plusなら日本からモンゴルへ国際電話が可能。
1分60円。

takessii
モンゴル旅行情報の運営をしています。モンゴル旅行で必要な情報や、現地のモンゴル人に書いてもらったディープなモンゴル情報を発信していきます。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク