第4回モンゴルを食べる お菓子

モンゴルで買える美味しい/美味しくないお菓子

第1回、第2回ではモンゴルの羊肉を使った料理を、第3回では乳製品を紹介しました。今回は少し寄り道をしてモンゴル国内で売られているお菓子についてです。

味覚って個人によって違い好みがわかれるものなので、正しくは「モンゴルで私が美味しいと思ったお菓子」になりますね。モンゴルのスーパーではロシアや韓国、中国からの食料品も多く売られています。日本からのお米もスーパーで売られているんですね〜。

今回は私の主観的味覚によるお菓子レポートです!

※価格・レートは2015年夏のときのもので計算しています。

バボライ

モンゴルにはこんな感じの手の平サイズのアイスがあります。250T/約18円。тараг(タラク:ヨーグルト)味のシャーベットです。他にもキティちゃんや子牛のイラストが書かれたものもありますが、今まで食べたなかでこのイラストのものが一番濃厚で自分好みでした(^^)

ビニール状の袋に入っているので、服で拭くなり水で洗うなりして外を綺麗にしたあとでビニールをちぎって中身を出しながら食べます。

ゴールデンゴビ チョコレート

数年前まであまり美味しくなかったらしいですが、近年美味しくなって再登場!カカオ度の高いダークチョコレートから、レーズンやナッツがはいったミルクチョコレートまでバラエティに富んでいます。カカオ豆の原産地自体はモンゴルではないんですけどね(^^;)

ホルホイ アーロール

田舎の家庭でよく作られるアーロール(ヨーグルトの水分を飛ばしたあと乾燥させたようなもの)を小さくして商品化した感じですね。遊牧民のゲルで食べるものは酸っぱめですが、砂糖が入っているのかより甘くて食べやすい印象です。

飴ちゃん各種

スーパーに行くと決まって袋詰めされた飴ちゃんが置かれています。0.5kgや1kgで売られています。ブルーベリーや梨などフルーツのものや、めちゃくちゃ歯にくっつくキャラメルみたいなものもあります。田舎に行く時のお土産によく買います。

マオアム

もはや何語でどこからのものかわかりませんが、ハイチュウのようなものです。各味4つずつぐらい入ってたんじゃないかな。ちゃんとイラスト通りの味が付いてておいしかったです。

ソネルコンミック

モンゴル語じゃないので読み方があっているのか不安ですが、ロシアから輸入されているお菓子だと思います。少し分厚目のクッキー生地の間にクリームが入ってて、外はチョコレートのコーティング。日本にも似たようなものがあった気もしますが、安くて美味しいので好きです。

番外編:二度と買わないお菓子~

海外で売ってるお菓子っておいしそうに見えても、成分表示のところに何が書いてあるのかわからないので、実際に食べてみるまで美味しいかどうかわかりませんよね。結構ギャンブル性が強いとわかっていても、ついついチャレンジしてしまいます。ここからは私が買って後悔したお菓子を紹介します!

チャツァルガナのラムネ?

モンゴルの果物チャツァルガナ(オレンジ色の酸っぱい実)のラムネ…って思って買ったんですが、オレンジ色の砂糖の塊といった方がはるかに近いです。ラムネも砂糖の塊って言ったらそうかもしれませんが似て非なるもの。これはあくまで砂糖でした。

ちなみにチャツァルガナはジュースなどに加工されていて、最近健康食品としてちょっとしたブームになっています。そのまま飲んだら酸っぱいので、水や炭酸水などで割ったら飲みやすいです。

美味しそうに見えるパッケージのアイス

これもロシア語かな?友人とスーパーに行った時にパッケージが可愛いからとジャケ買いならぬパケ買いをしました。一口サイズで安いし(10〜20円だったと思います)食べてみようと思い買いました。期待に胸を膨らませて一口食べた時のあの不味さと喪失感…。

味はミルクベースというよりもヨーグルト風味で、食感はパサパサ。外と中身のギャップが激しくて…勝手にショック受けてました(笑)

デカいアイス

パッケージの白×赤=ミルク(かヨーグルト)×苺という予想で購入したものの、開けてみるや中が結構グロテスク…。

一口食べるとアイスというより空気を含んだクリームを固まらせました、って感じの食感でした。

それほど不味くはないものの、デカすぎましたね…。大きいからという理由で買ったアイスですが、大き過ぎるからという理由で完食できず。友人に食べてもらいました(無責任)。

ドライバナナ?

ドライバナナと袋には書かれていますが、砂糖漬けバナナみたいな感じでした。ドライフルーツってまあ砂糖漬けされて乾かされたものだからこんなもんかって思いましたが、かじった時に違和感を感じました。

買ったお店が近くのミニデルグール(アパートの一階などにある小さい店)で買われることなくずっと置いてあったために腐ってたのか、もともとこんな味なのかは分かりませんでしたが、直感で危険だと思い食べるのをやめた私でした…。

以上、今回はモンゴルで帰るお菓子について紹介しました!気になるお菓子はありましたか?モンゴルのスーパーに行く時や、友達がモンゴルに行ってお土産を頼む時などに参考にしてみてください♫yukiがお送りしました〜(^^)

モンゴルを食べるシリーズ

第1回モンゴルを食べる ベストオブ羊肉
羊肉のベストな食べ方 今回はみんな大好き「食」についてです(^^)食べるの大好きyukiがお送りしまーす! モンゴルでは「肉=〇〇」 ...
第2回モンゴルを食べる モンゴルの肉料理
まだまだある!モンゴルで食べたいお肉料理 こんにちは!食記事担当yukiです(^^) 前回の「第1回モンゴルを食べる」では羊のホルホ...
第3回モンゴルを食べる 変幻自在!夏のミルク製品
夏の豊かさの象徴!モンゴルの「白い食べ物」 こんにちは、食記事担当yukiです(^^)今回はモンゴルの「白い食べ物」…乳製品について紹介し...
第4回モンゴルを食べる お菓子
モンゴルで買える美味しい/美味しくないお菓子 第1回、第2回ではモンゴルの羊肉を使った料理を、第3回では乳製品を紹介しました。今回は少し寄...
yuki
「食」記事担当yukiです!趣味は旅、カメラ、ツーリング、家事、などなど。モンゴルに行ったら遊牧民のゲルにお邪魔して、羊や牛の搾乳をしたり馬に乗らせてもらったりしてます。モンゴルの伝統的な肉料理から都会のおしゃれカフェまで、いろんなジャンルの「食」について紹介していきまーす(^^)
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. 淡水魚 より:

    こんにちは。この夏にウランバートルを旅行する予定です。
    馬乳酒その他乳製品を味わってみたく、いろいろ参考にさせていただきます。
    地続きのためか、ロシアのお菓子が輸入されているようですね。
    飴ちゃん各種の中にいる、黄色い包み紙に赤ちゃんの絵のものは、ロシアのアリョンカというチョコレートのシリーズと思われます。
    ソネルコンミックについては、現在のロシア語ではiの字は使わないので、ウクライナ製かもしれないです。

    • yuki yuki より:

      こんにちは。淡水魚さん。
      コメントいただきありがとうございます!赤ちゃんの包装のチョコレートはよく見かけます。アリョンカという名前でしたか。ロシア語は知らないのですが、可愛らしい名前ですね。ソネルコンミックはなるほどウクライナですか。その辺りの国にはまだ行ったことないので、いつか行ってみたいです。
      ウランバートルに行くならぜひ、近くの町の遊牧民家庭にお邪魔してみてください。乳製品はゲルキャンプ場でも味わえるかもしれませんが、彼らの生活は彼らのゲルでしか垣間見れないので(^^)
      淡水魚さんが、安全に楽しくモンゴルをご旅行されるように願っています。ぜひぜひ、モンゴルをたくさん味わってきてください!

  2. Emi より:

    「ソネルコンミック」はロシア語で書かれているもので、読み仮名は「スーパーコンティック」になります。よかったら参考にして下さいね。