モンゴル渡航時の制限ゼロ&日本帰国時条件緩和!これでモンゴルへ行ける!

モンゴルへ現実的に少し頑張れば行ける状態になりました!

モンゴル入国時の制限は撤廃され、日本帰国時のワクチン3回接種していれば制限ゼロになりました!

上記画像に2022年3月26日時点での状態をまとめました。詳しくは下記で情報元を記載しながらご説明いたします。

モンゴル入国時の制限撤廃について

モンゴル政府はモンゴル入国者に対する隔離措置等に関する規則を以下のとおり変更する旨発表しました。概要は以下のとおりです。

(1)モンゴルに渡航する者に対し、新型コロナウイルス感染症の検査を求めない。
(2)モンゴルに渡航する者に対し、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を求めない。
(3)モンゴルに渡航する者は、国境検問所において健康状態に関する質問票を正確に記入すること。
(4)モンゴルに入国する際、新型コロナウイルス感染症の検査は実施しない。
(5)モンゴルに渡航する者に対し、入国後の隔離及び自宅待機を求めない。
これらの規則は2022年3月14日午前0時から実施することとする。

出典:モンゴル入国者に対する隔離措置に関する規則の変更について(3月14日付)

2022年3月14日からモンゴル入国時の制限について上記の通り変更されています。

健康状態に関する質問票への記入のみとなっていますね。事前のPCR検査・ワクチン接種・入国時PCR検査・隔離措置を求めないとあるので、全ての制限は解除されています。

モンゴル渡航へのハードルは日本帰国時のみになったと言えるでしょう。

日本帰国時の制限について

モンゴルに対する「水際対策上特に対応すべき変異株に対する指定国・地域」の指定解除

2022年3月26日から、モンゴル国が水際対策上特に対応すべき変異株に対する指定国・地域から解除されました。

指定国解除されたことで、日本入国時の条件が以下となっています。

ワクチン3回接種した方

モンゴルからの帰国者または入国者のうち、日本政府が承認した新型コロナウイルス感染症のワクチンを3回接種し、有効と認められるワクチン接種証明書(※)を所持する方は、自宅等待機が免除されます。

出典:3月26日午前0時以降に日本に帰国・入国される方へ

隔離無しということですね!

ワクチン3回接種していない方

モンゴルからの帰国者または入国者のうち、上記(1)に該当しない方は、原則7日間の自宅等待機が求められます。ただし、3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機を求められません。(入国日は0日目と数えます。3日目以降、厚生労働省のHPに掲載されている「認められる検査実施機関」で検査し、陰性結果を「MySOS(入国者健康居所確認アプリ)」で入国者健康確認センターに届出した後、同センターから「待機終了の連絡」が来れば、自宅等待機が終了となります。)

3 入国後の公共交通機関の使用について
自宅等待機のために自宅等まで移動する際、入国時の検査(検体採取時)から24時間以内に移動が完了し、かつ自宅等までの最短経路で移動する場合に限り、公共交通機関の使用が認められます。なお、公共交通機関を使用するに当たっては、マスク着用、手指消毒、三密(密閉、密集、密接)を避けるなどの感染防止対策を徹底してください。

出典:3月26日午前0時以降に日本に帰国・入国される方へ

詳しくは以下画像の「ワクチン接種3回しましたか?」→「いいえ」をご参照ください。

自宅待機2日間したのち、3日目にPCR検査で陰性であれば隔離解除になるということですね。帰宅も公共交通機関で可能なのも嬉しいですね!

2日の隔離であればそれほど問題ないのではないでしょうか?

あと一つ大きなハードルになるのは、ウランバートルで取得が必要な出国前72時間以内に受けた検査の結果の証明書ですね。

出国前72時間以内に受けた検査の結果の証明書

在モンゴル日本国大使館の情報には記載がないですが以下を確認したところ、出国前72時間以内に受けた検査の結果の証明書の取得が必要です。

水際対策に係る新たな措置についてを掲載しています。

海外から日本へ帰国する72時間前にPCR検査陰性証明書が必要とのことですね。モンゴルで日本書式にあったPCR検査証明書を取得するのって大変そうですよね・・・

でもご安心ください!

ツォクトモンゴル乗馬ツアーではツアー予定にPCR検査証明書取得を組み込むことが可能です。ウランバートル観光とPCR検査のセットプランも可能です!

ウランバートル1日市内観光 1台 ¥14,000+PCR検査費用(3,000円前後) (日本語ガイド、専用車、ガソリン込み、PCR込み検査証明書交付込み。)
ガンダン寺、チンギス広場、ザイサン丘、ノミンデパート、ナラントール市場、メルクーリ市場、国立民族歴史博物館、民族舞踊コンサートなどの中からお好きなところへお連れします。
※食費、施設入場料は含みません。ウランバートル市内発〜ウランバートル市内終了。

半日プランも可能ですので詳しくはお問い合わせください。

以上、2022年3月26日時点でのモンゴル入国時と日本帰国時の制限についてまとめました。

GWはぜひモンゴルで乗馬してみてくださいね!

ちなみにツォクトモンゴル乗馬ツアーでは、コロナ理由によるツアーキャンセル料無料&MIAT飛行機を日程変更無料orキャンセル料40$での手配をやっています。

なかなか確実な旅行が難しい状態なので、できる限り直前でのキャンセルもやりやすい方がいいと思いますので、よければ問い合わせてみてください。

takessii
モンゴル旅行情報の運営をしています。モンゴル旅行で必要な情報や、現地のモンゴル人に書いてもらったディープなモンゴル情報を発信していきます。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク