pcr検査で偽陽性になるのを防ぐ方法3つ

20022年6月時点でモンゴルから日本に帰って来る際にはpcr検査の陰性証明書をモンゴルで取得する必要があります。

モンゴルでは万が一陽性になっても捕まって強制隔離などはありませんが、もし出国の前日に陽性になってしまうと飛行機を変更せざるを得なくなってしまいます。飛行機チケットを現地手配している場合は変更手数料なども不要ですが、ネット手配の場合だと変更手数料がかかる場合もあるので結構な痛手になりますよね。。

pcr検査ではコロナがあるかを判定しますが、以前にコロナ感染していた場合、コロナのカスが鼻の奥等に残っているだけでも陽性になる可能性があります。

そこで今回は無事に日本へ帰国できるように、偽陽性にならないための方法について記載します。

※以下の方法を行なってもコロナに感染していたら意味はないと思いますので陽性を陰性にするような力はありません。

※偽陽性を防げるという医学的根拠はありません。あくまでの著者の主観による解説になります。

pcr検査前にすべき3つのこと

偽陽性を防ぐためにpcr検査前にすべきことを記載します。

  1. 歯磨きを隅々まで行う
  2. イソジン等でウガイをする
  3. 鼻ウガイをする

1.歯磨きを隅々まで行う

歯磨き粉を使っていつもより念入りに歯磨きをしておきましょう。

鼻咽頭ぬぐいの場合、歯はあまり関係なさそうですが綺麗にしておくに越したことはないですね。

2.イソジン等でウガイをする

イソジンで口内と喉の菌を殺菌しておきましょう。良い菌も殺菌するのでイソジンには賛否ありますが、とりあえず殺菌しておくことにこしたことはありません。イソジンがない場合は塩水でのうがいでも良いでしょう。

3.鼻ウガイをする

3番目に書きましたがこれが一番大切なことです。モンゴルのpcr検査は鼻咽頭ぬぐいで採取されることが多いため、鼻の奥を掃除しておくことは必要不可欠です。鼻の奥には昔のいろいろな菌が残っている可能性がありますし、モンゴルは乾燥しているのでほこり等も鼻の奥に入ってきます。万が一ほこりに付着していたコロナで陽性判定になってしまうのは嫌ですよね。

鼻ウガイの方法について

鼻ウガイを水道水でやると痛いので、塩水でやるのが良いです。また水道水にコロナが含まれている可能性もあるため、水道水を煮沸して、ぬるくなってから鼻ウガイをするのが良いでしょう。鼻ウガイは鼻の奥まで丁寧に行います。

僕はモンゴルで初めて鼻ウガイしましたが、すごく気持ちよかったです!普段でも鼻の奥が気持ち悪い時はぜひやってみることをおすすめいたします。

以上、pcr検査で偽陽性にならないための方法について解説しました。

海外旅行から帰国時の不安を少しでも無くして楽しい海外旅行をエンジョイしてください!

takessii
モンゴル旅行情報の運営をしています。モンゴル旅行で必要な情報や、現地のモンゴル人に書いてもらったディープなモンゴル情報を発信していきます。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク