モンゴル旅行記 乗馬

day1 親切なモンゴルの方々に期待大!!

成田に到着し、飛行機も予定通り離陸!!

4時間も経つと、なんと飛行機の窓からは草原がただただ広がる光景です。

これは初めてです。所々にゲルや羊の群れも見れます。今からここに飛び込むのかとテンションが上がるばかりです。

期待を胸に着陸し、出国手続きも、スムーズに終了。(さすが、日本のパスポートです。)

飛行場の方は英語は一通り通じることができました。

空港ではATMはありますが、SIMカードの販売店は割と早め(午後7時かな?)に閉まるので要注意を

到着ロビーでは1番目の前で、私たちの名前が!

声をかけると流暢な日本語で、お出迎えの挨拶をもらい、ビックリ笑

ティムさんって言うらしい。

旅への期待がさらに膨らみます。

車を用意してくれてるとのことで、早速空港を出ると相棒も我も一言目は「さっむ」

なんと2度です。我は半袖。いっそいでリュックを開け、プラス3枚です。(ウルトラライトダウン、パーカー、ダウンです。)

出口の目の前に車を回してくれて直ぐに出発!なんと親切で連携の取れる運転手さん。快適そのものです。

すでに19時半、外は日も落ちています。

モンゴルの道に街灯はないようです。真っ暗の中車のヘッドライトで進みます。

ここまでは順調です!!

ん?ここまでは?

30分後の外の様子がこちら

空港をでて30分後の様子

ティムさんもびっくりの大雪

しかも初雪らしい。さすがの予報外、、、

一時、視界も真っ白になり、2センチほど積もり10分ほど立ち往生しました。

みんなテンパる中、我は雪に飛び出してはしゃいでいました。

一時はここで、一晩越すのかと覚悟を決めました、、、

なんと現在-4℃、早く暖かいゲルに行きたい!

コンクリートの道から急に草原の中を走り出します。なぜ、草原の中を車で走れるのかは知りません笑

途中、耳がうさぎみたいなねずみを見つけたりしながらすすみ予定より少し遅れ合計2時間ほど揺られるとゲルに到着!

暖かくご家族が出迎えてくれました。

ゲル家族の娘さんと、暖かいモンゴルのミルクティー

そして、今日の夜ご飯がこちら

モンゴルのチャーハンっぽい(味付けは塩胡椒っぽいの、肉は羊肉)のに、ミルクティーに塩を入れたモンゴルティー、テーブルの真ん中にはパンと自家製乳で作った甘くないチーズです。

1日目の夕食

そして、ついに気になっていたことの解答が聞けました。

そうトイレです。

ゲルでは小の方はゲルから離れて草原に向かって気持ちよく笑、大はゲルの横に掘った穴です。

なんと開放的な笑

ちなみに電波はMongolia unitedは4G2本といったところです。

ゲルの中ははこんな感じのお部屋にベットで、しっかり部屋を暖めて寝ます。

ストーブの中の薪が燃えきったら終わりなので、朝4時くらいまでしか持たないようです。

しっかり布団にくるまって寝ます。

ゲルの中の様子

ではでは、おやすみなさーい。明日からのモンゴルが楽しみです。

海なし県の田舎者、地球を回る
小学校で出会い、大学も職場も同じ、海なし県出身の幼馴染が、絶景をひたすらに求め、好奇心の赴くままに地球をぐるぐるしてます。

-モンゴル旅行記, 乗馬
-,